エルムDCC交流会

エルムDCC交流会はDCC鉄道模型を楽しむ会です

集合式モジュールレイアウト紹介 風景編 2022.Ver

運転会で使用する集合式モジュールレイアウトは、エルムDCC交流会のメンバー各人が製作しています。


エルムのモジュールの規格は以前にも解説しましたが、

elmdcc.hatenablog.com

youtu.be


2022年現在以下の3つのモジュール規格があります。
・複線長編成モジュール
・単線ローカル線イメージモジュール A4サイズ
・複線路面軌道モジュール ほぼA4サイズ

今回ご紹介するのはそのうち
・複線長編成モジュール
となります。

長年使用して安定的に運用されていた「CCMC千葉中央鉄道模型クラブ」さんのモジュール規格を採用させていただき、長編成が走行できるモジュール規格となっています。

先日の渋谷運転会においても、この集合式モジュールレイアウトを持ち寄って繋げて3600mm×5700mmという広大なレイアウトに展開し公開運転会を行いました。

今回は「駅」「鉄橋」「トンネル」など様々なモジュールレイアウトをご紹介します。

都会の駅    L=2400mm 
製作:エノヤン

2面3線 都会の駅
2面3線の折り返し線がある都会が似合う駅

モジュールは分割して収納し保管&持ち運びができるようになっています。
駅のホームは照明も点灯するようになっていて、
取り外しできる駅前ビルや自作の駅名標など細かいところまで工夫されていますね。

普段はこのように列車は走行します。



列車を中線に停めれば、折り返し運転ができるようになっています。

各ポイントは自作の操作板でポイント切り替えできるようになっています。

工場のある風景 カーブ90°  
製作:CCMC電気担当

工場のある風景
築堤のカント付きカーブ

工場の建物と道路が線路下にあり立体的な高低差が模型的見栄えをより良くしています。
築堤を利用したカーブ走行シーンの撮影スポットとしてもよく使われます。

カーブ 神社のある風景 カーブ90°  
製作:CCMC電気担当

神社のある風景 カント付きカーブ

線路の奥にある小高い山に神社を配置してありがあり奥行き感ががあります。
自作のセンサー式の信号機が設置され車両通過で信号現示が変わります。

トンネルと登山電車 L=900mm 
製作:CCMC電気担当

トンネルと登山電車(自動運転)

モジュール走行車両は山の下部のトンネル部を通過します。
山の上部には勾配区間を登山電車が走行しています。

登山電車は自動運転になっていて2列車が交互に入れ替わります。

 

トンネル内も点灯 トンネル出口の保線員が良いアクセントですね。

複線築堤と単線  L=600mm×2 
製作:エルムブログ管理人

複線築堤と単線交差

複線と単線の両モジュール規格に対応しています。
撮影台としても使えるように考えて製作しました。

L=600mmを2つ製作し繋げてもも別々でも使用できるようになっています。
下部単線は直っ角交差になっていてモジュールの向こう側へ抜ける路線も設定できるようにしてあります。

鉄橋  L=1200mm
製作:CCMC電気担当

 L=1200mmの長い鉄橋

編成の長い車両も一望できる長い鉄橋


フレキシブルレールを使ったロングレール化で集電不良や脱線などのトラブルを予防してあります。

河川敷には釣り人の姿がありました。

片側トンネルとガーダー橋 L=1200mm
製作:CCMC電気担当

片側トンネルとガーダー橋

奥側線路のみカーブしてトンネルへ


小さな川をガーダー橋で渡ります。

車両を感知して点灯する信号機が2つあり連動して順次点灯&変化

 

信号現示は時間経過で変化するようになています。

自作信号機用のCDSセンサーが線路に埋め込んである。

この信号機はGMの信号機をLEDで点灯化させマイコンを使って点灯現示を変化させているそうです。信号点灯化の製作を行った「CCMC電気担当」の動画で製作過程が詳細に見られます。

許可を得てリンクを貼らせていただけることになりました。

信号点灯化にご興味があれば、こちらも是非ご覧ください。

グリーンマックス信号機製作・点灯化01(Nゲージ鉄道模型) - YouTube

グリーンマックス信号機製作・点灯化02(Nゲージ鉄道模型) - YouTube

グリーンマックス信号機製作・点灯化03(Nゲージ鉄道模型) - YouTube

youtu.be

紹介しきれていないモジュールは他にもいくつかあります。
次回は「ヤード編」です。

渋谷運転会 無事終了いたしました。

先日行われた渋谷運転会、無事に終了いたしました。

今回はコロナがだいぶ落ち着いてきたとい言う事もあって、お子さんや親御さん合わせて100人近い方々ご来場いただきました。子供たちも大興奮でした!
このブログをご覧になってきていただいた方もいらっしゃいました。

ご来場いただきありがとうございました。

会場の設営

会場の設営は前日に行いました。2時間ほどで走行可能な状態になりました。

今回初登場の新ヤードの設置により車両の出庫が便利になっただけでなく留置しているだけでも様々な紗りょ言うが眺められて良い風景になっていました。

 

モジュール走行

渋谷にちなんだ車両をメインに様々な車両たちが走行していました。



また年末には同じ場所で運転会を計画しています。
詳細が決まりましたらまたお知らせいたします。

 

【Nゲージ】渋谷を走る車両【DCC】

6/26(日)は、渋谷にて公開運転会を行います。
詳細はこちら↓

elmdcc.hatenablog.com

渋谷での公開運転会は、近隣の子どもたちも楽しみにしているイベントとなっていて、子どもたちにも馴染みのある車両ということで「渋谷を走る車両」をテーマに運転します。

とは言っても正確には「渋谷区を走った事がある車両たち」と言う感じで、だいぶユルイ感じになっています。運転する方が走らせたい車両の都合もあるのと、子どもたちに人気のある車両は「渋谷区」関係なく走行いたします。

今回はブログ管理人が持参予定の車両を「こんな車両も走るかもね」という感じでご紹介します。

「渋谷を走る車両」


新宿湘南ライン E233系近郊型】
渋谷で子どもたちも知ってるおなじみの車両といえばまずはコレ。DCCサウンド化してあります。VVVFサウンドと電子警笛を鳴らして走行します。

新宿湘南ライン E231系近郊型】
E231は墜落インバーターサウンドも作ったのですが今回は更新後の音、もしくはサウンド無しで走行する予定です。

 

【N'EX E259系
渋谷でよく見る特急といえばコレ。新型先頭車デコーダーFL12Nを搭載したので、出発時ライトが明るくなり停止時は減光します。DCCサウンド化しているのでVVVFサウンドミュージックホーンを鳴らして走行します。テールライトに連動して最後尾運転室の蛍光灯の灯りも光るように改造してあります。

東武100系スペーシア
今回の運転会のために増備した車両。特急ということで子どもウケを狙って選んでみました。この「雅カラー」はすでに塗り替えられてしまったようです。引退も間近のようですがNゲージならいつまでも現役。渋谷には回送や臨時で品川方面に行く時に通過したはずなので「渋谷を走った」というテーマ的にはOKかと…。
DCC化の記事を書いた後にサウンド化しました。
日立GTO-VVVFサウンドを奏でながら出発します。

 

E217系 新色】
引退が迫るE217系は、新宿湘南ライン開通時に新宿まで来ていた事がありました。更新して新色になってからは来たことあるのかな?DCCサウンド化してあり更新後の音で走行します。

【E251 スーパービュー踊り子 原色】
引退まで渋谷にもやって来ていた特急車両で子供にも人気あり。
90年代に製品化されたものを中古で購入しライト関係をLED化、更にDCCサウンド化しました。
ミュージックホーンを鳴らして走行します。

ネタ的に「こんな車両、渋谷を走った?」と言う車両も持参予定。どんな車両を走らせるかは当日のお楽しみということで!

他のエルムメンバーも渋谷関連の車両を多数走行予定です。
東急の車両は新旧いろいろ走行すると思います。
他にも「渋谷区」と範囲を広めれば、京王線小田急の車両も走行すると思います。
また子供に人気のSLや京急の車両などは、渋谷区と関係ないですが子供に人気なので走行するかもしれません。もしかすると小田急の終点の先にいるかわいい車両も走行しているかもしれません。

レイアウトの情景は渋谷っぽくないですが、いろんな車両が走行します。
お時間のご都合が良ければ是非お越し下さい。

TOMIX車両のDCC化 先頭車のDCC加工

今回DCC化する車両は
TOMIX 98759
東武100系スペーシア(雅カラー)セットの先頭車

先頭車用両極性デコーダーで比較的簡単な配線でDCC化します。

 

 

先頭車用デコーダ

MicroAceの先頭車DCC化ではKAToのFL12を使用しましたが、
今回はSPJN.COM(永末システム)さんの
DF11r4 2FX両極性専用デコーダ
を使用してDCC化します。

こちらの方が機能が豊富で加工もしやすいと思います。


www.snjpn.com

2FX 両極性デコーダーは車両のライト基盤は無加工のまま、デコーダーから2本の線を接続するだけの簡単な接続でDCC化できます。

車両が走行し始めるとヘッドライトが明るくなる「停止時減光機能」も付いています。

数量割引があるのでまとめて買うと少し割引になります。

今回実際に使用するのは「DF11r4」と言う少し前の型のデコーダです。
改良されて型番が変わることがあり、現在は「DF11r8」が最新のようです。
機能や配線方法はほぼ同じです。

デコーダー配線方法 

両極性デコーダーはライトユニットを無改造でそのまま使うことができます。

レールからの電気(給電)を配線
レールB
レールA

ライトの端子へ配線
テールライト
ヘッドライト

コンデンサーは24V100ufを使用します。
使わなくてもライトは点灯しますが搭載スペースがある場合は、なるべくつけた方がチラつきを押さえられて良いと思います。

車両をバラす

ボディーを外します。
台車をはずして、
室内パーツを取り出します。

配線準備 

導電テープを4つ10mmぐらいでカット
テープの端の方に予備はんだ
0.2mmの被膜線を適当な長さにカット

ライトユニットのリード線は
区別がつくように「緑色」のリード線を使用します。


リード線を予備はんだしてテープにはんだ付けします。

台車集電バネの当たるところにテープを貼り付けます。


ポリイミドテープ(絶縁テープ)を5mm幅にカットして
はんだ付けしたところにテープを貼ります。

残りの導電テープを絶縁したテープの上に貼り付けます。
絶縁テープからはみ出さないようにカットして


室内パーツをはめて配線がうまく室内まで来るように処理します。
台車を戻して室内パーツを固定
デコーダーは大体天井の高さぐらいになるようにするので
余分な配線をカットします。


4本の線を予備はんだしておきます。

コンデンサー配線 

デコーダーとコンデンサーを入れる位置を検討します。
デコーダーの反対側ならコンデンサーも入りそうです。

搭載スペースに合わせて脚を折り曲げ長さを合わせてカット


予備はんだして


極性を間違えないように「V+」は赤色のリード線にしました。
デコーダーまでの距離があるのでリード線を長めにカット
リード線も予備はんだ


コンデンサーにリード線を繋げ、Φ0.8mmの熱収縮線で絶縁します。


デコーダーに配線

コンデンサー→デコーダ


赤いリード線は「V+」に間違えないようにはんだ付け
もう一方は「GND」にはんだ付け

デコーダーに配線


レール→デコーダ
「レールA」と「レールB」をはんだ付け
どちらに配線しても問題ありません。

デコーダーに配線


デコーダー→ライトユニット
「ヘッドライト」「テールライト」をはんだ付け
どちらが「ヘッドライト点灯」なのは分かりづらいので
DCCでテストしてから配線のやり直しできるようにしておきます。

CVで変更する方法もありますが、「減光機能」は向きを変えられないらしく、CVで変更するとテールライトが減光機能になってしまいます。

ボディを被せて 
9V電池でテストしました。


点灯は問題ないようです。デコーダーはアナログ直流でも点灯する機能があるので電池でも点灯するかどうかはテストできます。とりあえず配線がちゃんとしているかをチェックするのに適していると思います。

ただし「減光機能」や「進行方向」をテストするのはDCC電源でテストしないといけません。

減光機能

停止時減光状態

発進時明るく点灯する

 

※追記:2022/06/17

コンデンサーの選び方

コンデンサーは電解コンデンサーを使用しています。
Nゲージ(の車内)に入る大きさを考えると、直径は8mm以下ぐらいが良いと思います。長さも目立たないようにするためには小さめが良いですね。

デコーダーの取り扱い説明書には以下のようにありました。
================================================================
220uF程度までは接続可能ですが十分試行してください。標準的には100uF/25Vをご使用ください。

※小型のファンクションデコーダでは、低ESRコンデンサを使用しないでください。充電電流が大きくファンクションデコーダの小型整流ダイオードの定格を超えてしまいます。
================================================================

今回は、秋葉原で購入した
「100uF /25V    6φ x 11 mm」
電解コンデンサーを使いました。
1個20円程度でした。

Nゲージは大体12V電圧ですが、DCCだと15Vとか19Vとかもあり得ます。
コンデンサーはマージンをとって25Vのものと使用した方が良いです。

"SNJPN.COM" (永末システム事務所)では、
コンデンサーの分売もしているようです。
「100uF /25V    5φ x 11 mm     \200円 10pcs」


デコーダー購入時に一緒に注文することもできそうです。

コンデンサーがないとデコーダーが使えないわけではありません。
室内スペースにコンデンサーを入れる場所がどうしてもない時などは、
コンデンサー無しでもライト点灯はできます。
あとは線路と車輪をキレイにしておけば、チラつきもあまり気にならないとは思います。

TOMIX車両のDCC化 動力車のDCC加工

今回DCC化する車両は、
TOMIX 98759 東武100系スペーシア(雅カラー)セット
の動力車(M車)です。

KATO モーターデコーダーEM13を使用してDCC化します。
マイクロエースの車両のDCC化も行いましたが、TOMIXも同じような工程でDCC化していきます。
以前の記事はこちら

elmdcc.hatenablog.com

デコーダー→モーターの配線ではどうしても床パーツに穴を開けなければいけませんが、それ以外は、なるべく元の状態に戻せるように加工していきたいと思います。

youtu.be

車両をバラす

ボディを外します。


床パーツをピンセットを使って外します。ピンセットは先端が平らなものを使用しました。

絶縁する

床パーツの裏側の集電板にポリイミドテープを貼って絶縁します。
黒い絶縁シートは取り除きます。集電板に油が付着しているので綺麗にしておきます。

ポリイミドテープを5mm幅に切り出します。


綿棒を使ってきれいに貼り付けます。
集電板押さえの突起部分に切り込みを入れてテープが浮かないようにしています。

床パーツに穴を開ける

モーター集電バネの横あたりにリード線を通すための穴を開けます。
印をつけて0.8mmの穴を開けました。
念の為、穴の周辺も絶縁テープを貼り付けて穴を開けました。

モーターの集電バネにリード線をはんだ付けしてありますが、この方法で床パーツ嵌めようと思ったらバネがくるくる回ってうまいこと床パーツがハマりませんでした。バネを使わずモーターの接点に直にリード線をはんだ付けする方法もありますが、もう少し良い方法を思いついたので、この後リード線を取り外しました。

デコーダ→モーターのリード線を配線する

モータへの配線は、導電性テープを絶縁テープに貼ってモーターバネで集電する方式にしました。
0.35mmの被膜銅線を2本予備はんだ
導電性テープを1cm程度の長さでカット(2個)
更に5mm幅にカット
モーターの集電バネの横あたりに貼り付けるので大きさ確認


導電テープに予備ハンダして、リード線をはんだ付け

絶縁テープの上から導電テープをモーターの集電バネの横あたりに貼り付けます。


(集電バネが当導電テープに接触するようにに気をつけながら)はんだ付けした場所だけ絶縁テープを貼り付けます。

フライホイールにリード線が当たらないように注意しながら穴に通します。
床パーツを組み戻します。

線路電源→デコーダーの配線

線路電源からの集電は、厚さ0.1mmのリン青銅板を4mm幅に切り出して差し込む方式にします。
25mm程度の長さにカット(2本)
10mm辺りのところで折り曲げる
折り曲げた方に予備はんだ

0.35mmの被膜銅線を2本予備はんだしてからはんだ付け

リン青銅板を差し込んで


デコーダーはこんな感じで取り付ける予定

今回使用したリード被膜線はいつもより少し太めの0.35mm。デコーダーを天井付近で保持するために線を太くしてあります。

デコーダー配線

モーター接点に予備はんだ

給電接点にも予備はんだ

デコーダーの穴に通してからはんだ付け
線を穴から通して天井付近での保持力を上げる作戦

モーターリード線もはんだ付け

ボディを被せて完成

外から見てもデコーダーが目立たないようになりました。
場合によってはリード線を黒色等に塗ったほうがより目立たないかもしれません。  

Nゲージモジュールレイアウト規格

エルムDCC交流会はDCCだけでなくモジュールレイアウト製作も楽しんでいます。

モジュールレイアウトの製作にあたっては、
同じサイズのレイアウトを2個(偶数個)製作するようにしています。
運転会でオーバルに組んだ時に偶数個で組まないとオーバルにならない(円に繋げることができない)からです。

レイアウトボードは既製品を加工したり、自作したりと様々です。
メンバーにはモジュールレイアウトの経験豊富な方もいらっしゃるので、アドバイスをもらいながら製作することができます。

年に数回行われる運転会では、各自製作したモジュールレイアウトを展開してDCC車両の運転を行なっています。
DCCやモジュールレイアウトに興味のある方は是非見学にいらしてください。

モジュールレイアウトの規格は様々なDCC車両を楽しむために少しづつ規格が増え、現在3種類になりました。

エルムDCC交流会で採用しているモジュール規格をまとめてみました。

 

複線モジュールレイアウトボード CCMC規格

KATOのレールを使用した長編成が走行できるレイアウト 
CCMC(千葉中央鉄道模型クラブ)さんと同一規格を採用しています。




<長さ>直線距離方向の長さは以下のどれかであればOK
300mmの偶数倍 600mm 1200m 2400mm
450mmの偶数倍 900mm 1800mm

<奥行き>
幅は120mm程度から600mm程度まで自由
会議室で使う折りたたみテーブルを使用することが多いので
450mm程度までにするのが無難

<ボードの高さ>
底面(ボードの下)から線路面(ボードの上面)まで100mm

<線路配置>
・線路端はKATOユニトラック複線線路を使用
・複線間隔は線路の中心同士で33mm
・ボードの端から50mm離して線路を設置
・中間部分はフレキシブル線路でもユニトラックでもOK


<フィーダー線>


KATOのフィーダ線を使用し、オーバルに配置した時に外側(観客側)を白色、内側を青色にする

外側(観客側、オーバルに配置した時、外側になる面)
内側(オーバルに配置した時、内側になる面)

<接続>
モジュール間の接続はユニトラックスライド線路を使用

単線モジュールレイアウトボード A4サイズモジュールレイアウト


持ち運びを考慮したモジュール規格
TOMIXのレールを使用した短編成向け単線モジュールレイアウト
A4木製パネルを使用して作成、自作でもOK


<長さ>直線距離の長さ
297mmが基本単位

<奥行き>
幅は210mmが基本、37mm〜420mm程度までなら自由

<ボードの高さ>
底面(ボードの下)から線路面(ボードの上面)まで40mm
ボードの裏に高さを調節できるネジなどを取り付けるのが好ましい

<線路配置>
・線路はTOMIXファイントラック線路を使用
・ボードの端から1mm前後はみ出して線路を設置
(例)A4長辺の長さ297mmの場合
・S140+S158.5=298.5mm 両端で0.75mmはみ出す。
・S280+S18.5=298.5mm 両端で0.75mmはみ出す。
・線路端でファイントラックと接続できれば
中間部分の線路は、ファイントラックでなくてもOK

<接続>
線路端は1mm前後ボードより出るようにして、線路同士で接続

<フィーダー線>
TOMIXのフィーダ線を使用し、オーバルに配置した時に外側(観客側)を白色、内側を青色にする。

路面モジュールレイアウトボード ほぼA4サイズモジュールレイアウト

持ち運びを考慮したほぼA4サイズのモジュールレイアウトボード
KATOユニトラム線路を使用した路面電車向け複線モジュールレイアウト
A4木製パネルを使用してサイドに厚さ5.5mm高さ40mmの帯板を接着して作成、自作でもOK

<長さ>直線距離の長さ
310mmが基本単位

<奥行き>
幅は210mmか308mmが基本

<ボードの高さ>
底面(ボードの下)から線路面(ボードの上面)まで40mm

<線路配置>
・線路はKATOユニトラム線路を使用、単線ユニトラックをぴったりくっつけて使用してもOK
複線間隔は線路の中心同士で25mm
・ボードの端から1mm前後はみ出して線路を設置
(例)長辺の長さ308mmの場合
・124+186=310mm 両端で0.75mmはみ出す。

<道路配置>

バス道路配置例



・バスコレを走らせる場合は、道路幅24mm、ユニトラム線路の道床端から道路のセンターまで12mm
・道路の高さは6.5mm

<ボードの高さ>
底面(ボードの下)から線路面(ボードの上面)まで40mm

<フィーダー線>
KATOのフィーダ線を使用し、オーバルに配置した時に外側(観客側)を白色、内側を青色にする。

DCC鉄道模型公開運転会 6月26日(日)渋谷にて開催

次回公開運転会のお知らせです。

DCC鉄道模型公開運転会 6月26日(日)渋谷にて開催

コロナ対策を怠らないようにに心がけながら
少しづつ鉄道模型活動も始めていける雰囲気になってきました。

一般公開運転会を開催することになりました。
前回の運転会の様子

youtu.be

モジュールレイアウトを大きく展開して、DCC車両によるモジュールレイアウト公開運転会です。
同一線路上に複数列車が走行します。
改造車両、キットから製作した車両、DCCサウンド車両、DCCライト制御の車両など
さまざまな車両が走行予定です。

 

入場はもちろん無料!

見学の事前申し込みは必要ありません。

DCCにご興味のある方、モジュールレイアウトに興味のある方、
是非お越しください。

DCC鉄道模型公開運転会 6月26日(日)渋谷にて開催
■公開日:2022年6月26日(日)
■時間:10時〜16時

■場所:リフレッシュ氷川(多目的室B)
〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目26−23 渋谷区リフレッシュ氷川

渋谷駅から徒歩10分ほどです。

※駐車場はありません。公共の交通機関をご利用のうえお越しください。
※当日はマスク着用。ソーシャルディスタンンスのご協力をお願いいたします。