エルムDCC交流会

エルムDCC交流会はDCC鉄道模型を楽しむ会です

公開運転会開催! in 渋谷

NゲージDCC 鉄道模型運転会を開催します。

 

f:id:elmDCC:20190521202718j:plain

6/30(日)渋谷運転会


開催日 :2019年6月30日(日)

時間 :10:00〜16:00

場所 :リフレッシュ氷川(多目的室B)


入場無料です。駐車場はありません。
渋谷駅から徒歩10分程度、埼京線新南口からなら5分ほどです。

 

 

大人も子供も楽しめるように、
前回同様、「電車でGOコントローラー」運転体験や
単線モジュールでの複数列車運転、バスコレ走行、
本線モジュールの新作などを予定しています。
お子様連れで、ぜひお越しください。

 

前回の様子はこちら

elmdcc.hatenablog.com

 

また前日6/29(土)は午後から、関係者ご招待運転会も開催予定です。

先日の運転会参加された方、ご挨拶させていただいたことのある

各サークルさんには別途ご連絡申し上げます。

平成最後の運転会 ご参加いただき有難うございました

平成31年4月28日 平成最後の運転会を開催しました。

f:id:elmDCC:20190430150901j:plain

157系「令和」自作ヘッドマーク クロ157形を組み込んだ185系


今回5名ほど新規参加&見学の方にいらして頂きました。
はじめて参加&見学の方々、有難うございました。
DCCについて色々と情報交換できて有意義な時間を過ごさせていただきました。

f:id:elmDCC:20190430151145j:plain

過去最多の参加者でした

f:id:elmDCC:20190430151301j:plain

平成最後ということで昭和〜平成時代のお召し列車も並びました

f:id:elmDCC:20190430151658j:plain

初参加者さんのEF81DCCサウンド車輌

f:id:elmDCC:20190430151857j:plain

外国型も

f:id:elmDCC:20190430151745j:plain

EF65DCCサウンド車両 工作や組み込み情報の交換も盛んに行われました

f:id:elmDCC:20190430151810j:plain

GMキットから制作したクロ157



f:id:elmDCC:20190430162655j:plain

キハ82と157系ともにDCCサウンド車両

f:id:elmDCC:20190430162429j:plain

GSE DCCサウンド車両 座席は特製シールで精密加工 デコーダーはESU


新横浜PLUSPORT運転会のあとは、
東神奈川公会堂に移動し単線モジュールによる運転会とミーティングを行いました。
単線モジュールではDCC複数列車運転を楽しみました。

f:id:elmDCC:20190430163346j:plain

単線モジュールの待避線で相互運転

 

NゲージでDCCを楽しもう! NゲージDCC定例運転会 開催 決定!

NゲージでDCCを楽しもう! NゲージDCC定例運転会 開催

 

平成最後の定例運転会を開催します。
日時は以下の通りに決定しました。

 

開催日:2019年4月28日(日)
場所:新横浜PLUSPORT
時間:13時〜17時

 

PLUSPORT案内マップ

pl-po.com

 

すでに、見学参加ご希望の方から数名連絡を頂きました。
ご要望によりスマホによる運転や、初心者向けDCC解説なども行ないます。

参加&見学希望をまだまだ受付中です。ご興味のある方は是非お越しください。

初参加&見学の方には、数量限定ですが「DCC同人誌2019春号」をお配りいたします。

詳細は前回の記事をご覧下さい。

 


次回運転会もまだ終わっていませんが、
その先も公開運転会を予定しています。

 

渋谷運転会 リフレッシュ氷川
6/29(土) 午後 DCC勉強会
6/30(日) 10:00~16:00 一般公開

6/29(土)のDCC勉強会は、メンバー内でのDCC知識共有を目的として開催することになりました。前回はDigitraxの統括重連の操作&利用方法などを実際に車両を用いて行ないました。
まだ未定ではありますが、今回はDCCにご興味のある方(外部メンバーの方)も一緒に勉強会に参加できる方向で考えています。


ホビーセンターKATO東京 イベント
8/24(土)
8/25(日)

今回3回目となるイベントを予定しています。

まだ未定な部分も多いですが、決まり次第こちらで告知致します。

 

NゲージでDCCを楽しもう! NゲージDCC定例運転会 開催予告

NゲージでDCCを楽しもう! NゲージDCC定例運転会 開催予告

 

平成最後の定例運転会を開催します。
現在のところの予定です。
変更がある場合もありますがその場合は追ってお知らせいたします。

 

開催日:2019年4月28日(日)
場所:新横浜PLUSPORT
時間:13時〜17時

 

PLUSPORT案内マップ

pl-po.com

 

(2019/3/25 追記) 

初参加&見学の方には、数量限定ですが「DCC同人誌2019春号」をお配りいたします。

 

新横浜PLUSPORTでの運転会風景


DCCサウンド NゲージDCC運転会7 2018/01/07エルムDCC交流会


DCCに興味のある方、初心者の方、 すでにDCCをやっている方、
見学or参加してみませんか?
運転会当日はメンバーが車両も持ち寄って走行させるだけでなく、
DCCに関する情報交換や鉄道模型全般の話で盛り上がっています。
動画では話が盛り上がっている会話の音声が入ってますね。www

 

メンバーはデジトラックス製品の利用者が多いですがESU製品の利用者もいます。
デジトラックス製品については多くの情報を共有しています。
Nゲージデコーダーを搭載する場合、コスト面などからデジトラックス利用が多いです。

 

DCCに興味があるけどまだ車両を持っていないという方でもOKです。
見学だけでもいらしてください。NゲージDCCの楽しさを是非一度見てください。

DCC初心者の方、すでにDCCを始めている方
お持ちのDCC車両を一緒に走らせましょう!
NゲージDCC車両を走らせられるレンタルレイアウト屋さんは少ないです。
情景付きの大きなレイアウトで一緒にDCC車両を走らせましょう。
DCC車両同士のすれ違いなど運転も数段楽しいものになりますよ!

 

エルムDCC交流会は、会費などはございません。
会則などの縛りもありません。
ルールとしては「車両や機器の破損等は自己責任」ということぐらいです。
レンタルレイアウトなど利用の場合は実費をメンバーで割り勘しています。
毎回10名程度の参加者があり、実費は2000円程です。
見学&初参加の方からは、これらの実費もいただきません。

是非お気軽にご参加ください。

 

運転会終了後、東神奈川に移動して二次会運転会&座談会を行います。
飲み会ではありません。
東神奈川駅から徒歩数分の神奈川公会堂の会議室をお借りして
エルムDCC交流会の8月開催予定イベント(ホビーセンターKATO2019年イベント)の
打ち合わせ会を行います。
単線モジュールを持ち寄ってにみに運転会も予定しています。
二次会ではより詳しくDCC関連の話題ができると思います。
お時間のある方はこちらもどうぞ。

 

見学or参加ご希望の方は、右の
「 DCC運転会 見学&参加希望」のところから
お名前とメールアドレスをお知らせください。
追ってこちらから詳細をご連絡いたします。

DCC同人誌2019春号にエルムDCC交流会の記事を掲載していただきました

DCC電子工作連合会さんが配布している
「DCC同人誌 2019spring」号に

エルムDCC交流会の紹介記事を掲載していただきました。

 

f:id:elmDCC:20190320114849j:plain

DCC同人誌 2019spring

 

f:id:elmDCC:20190320114942j:plain

エルムDCC交流会掲載記事

 

こちらの同人誌はこれからDCCを始めようという方だけでなく、すでにDCCをやっている方にも有益な情報がいっぱいです。

DCC電子工作連合会さんの製品を購入した方やイベントなどで無料で配布されています。

詳しい入手方法は、こちらをご参照ください。

電機屋の毎日」
DesktopStationの中の人による、くだらない独り言、メモ、備忘録。

powerele.sblo.jp

 


4月28日にエルムDCC交流会運転会を行います。(詳細は別記事で)
見学or参加された方にも部数限定ですが配布できるかと思います。
関東圏でDCCに興味のある方、ぜひエルムDCC交流会運転会にお越しください。

DCC 期待の新製品!サウンドデコーダ、コマンドステーション、ラジコン!?

DCCの新製品が色々と発表されました。

 

ESUサウンドデコーダがリニューアル!

ESU Loksound 5 micro

f:id:elmDCC:20190214235756j:plain

ESU Loksound 5

www.esu.eu

ESUのサウンドデコーダが、Loksound V4からLoksound 5にリニューアルされたようです。Vが取れたのには何か意味があるのかな?

Loksound 5 microのデータを見てみると

サイズ:21mm x 10 mm
サウンド:16 Bit / 31250 kHz 10CHサウンド 128 MBit メモリー
4-32オームスピーカー対応、3W出力 

となっています。

サウンド関係がかなり強力にパワーアップされてますね。
10chサウンドは、同時に10個の音を出せるということなんでしょうか?
これは凄いですね。スピーカー出力も3Wもあるので、大きな音も期待できます。
対応スピーカーも4オームから32オームまでと幅広くなりました。

 

ドイツ(欧州)ではすでに発売になってるので、今年中にもアメリカや日本でも取り扱いされると思います。ドイツでも、V4と値段は変わらないみたいなので
日本での価格は、Loksound V4 と同程度(15,000円〜)と予想されます。

Loksound  5 用に対応させる日本型サウンドは作るのが大変そうですが、V4用のサウンドも入ると思いますの、しばらくはそれで対応することになるのでしょう。

 

 

デジトラ DCS52 Zephyr Express
カラー液晶になってリニューアル!

Digitrax DCS52 Zephyr Express

f:id:elmDCC:20190215001058j:plain

DCS52 Zephyr Express

www.digitrax.com

 

デジトラックスのオールインワンコマンドステーションがカラー液晶になってリニューアルされたようです。

 

3A オールインワンコマンドステーション
2.4LCD カラー液晶
大きくなった操作ボタン
USBインターフェイス
ジャンプ機能で、DCコントローラー(1〜2個)を使用してDCC車両を運転可能
F0-F28までのファンクションコントロール

 

USB端子がついたようです。どうやらPR4(PR3など)の機能であるPCとの接続機能をコマンドステーション内に入れ込んだようで、デジトラックスのサウンドの書き込みなどもこの1台でできるらしいです(未確認)。
カラーも液晶になって見やすそうで、やっと現代的なコントローラーになりました。

 

KATOさんで取り扱ってくれることを期待しつつ、アメリカでの販売価格もDCS51と変わらないようなので日本での販売価格は据え置き22,000円ぐらいになるのではないかと予想します。

KATOブランドのD101も発売されて10年(15年?)以上経つので、そろそろこのDCS52に買い換えても良いかなぁ〜という気もしています。

 

 

DCCなのにラジコン!?

Ring Engineering  -RailPro

f:id:elmDCC:20190215002728j:plain

RailPro

ringengineering.com

 

HO用のデコーダーですが、

米のRing Engineeringメーターのデコーダーで製品名は「RailPro」、なんとDCCとラジコンでライトとサウンドをコントロールするデコーダのようです。

電気の供給は線路からということらしいですが、DCCでもラジコンでもコントロールできるというのは面白い発想です。

ラジコンでコントロールするときにはPCに専用のソフトをインストールして、USBに専用のラジコンコントローラを刺してデコーダーをコントロールする仕組みのようです。

サウンドを自分で作れるとも解説されています。どれぐらいできるのかは今の所不明ですが、日本型のサウンドも自作できるのかもしれません。

 

 

ESU Loksound用 オープンサウンド 日本型車両

DCC工作連合会さんが、Loksound用の日本型の音源をオープンサウンドとして無料で公開を始めたようです。

現在「C11」と「旧型国電」のサウンドデータが公開されています。

desktopstation.net

 

 

 


OpenSoundData C11

 


OpenSoundData 旧型国電タイプ

 

 どちらのサウンドも、すごく良いサウンドを鳴らしていますね!

特に日本の電車型はESUで配布しているサンプルサウンドでは、どうにもならなかったのでとてもありがたいですね。

 

RM MODEL 3月号に関連記事が掲載されているようです。

powerele.sblo.jp

 

 

ESUのデコーダーに詳しくない方もいらっしゃるかと思いますが、

Loksoundデコーダーにサウンドを入れるには、LockProgrammerが必要です。

www.esu.eu

 

 

NゲージにLokdsoundデコーダーを搭載するには、LoksoundMicroを使用し少々難しめの加工を施せば可能ではあります。

 

 オープンサウンドの公開でDCCサウンドの楽しみがより身近になったということで、

今後が楽しみですね。

DCC工作連合会さんの今後の活動にも期待です。